fc2ブログ

1997年製の富士通FMVを復活させる その2 ~ LPXマザーボード NORCO POS-7853

1997年製の富士通FMVを復活させる その1 ~ アップグレード用マザーボード
の続きです。

NORCO POS-7853

LPXマザーボード NORCO POS-7853 を入手しました。
入手してから分かったのですが、V1.0とV3.0は、機能だけでなく、基板のレイアウトとピンアサインが異なります。
私が入手したのはV1.0でした。

POS-7853 V1.0 LVDSコネクタあり、FDDコネクタあり、オーディオコネクタが16pin
POS-7853 V3.0 LVDSコネクタなし、FDDコネクタなし、オーディオコネクタが10pin

以下、入手したPOS-7853 V1.0に関するメモです。

●搭載可能CPU
基板は2009年製造、BIOSは2010年製、チップセットはIntel 945G A2で、Wolfdaleまで動作しました。
搭載できる最高性能のCPUはPentium Dual-Core E6800 3.33GHzです。

●搭載可能メモリ
DDR2 2GB×2、4GBまで搭載可能ですが、チップセットの制限により、3.2GBぐらいしか認識しません。

●オンボードビデオ
BIOSのデフォルト設定では、LVDS(LCDフラットパネル)とCRT(VGA)の両方に出力するようになっていて、VGA側もLVDSの解像度に影響されてしまいます。BIOS上でCRTのみにしないとVGA側が正しい解像度で表示されません。

WindowsからはLVDSがプライマリディスプレイとして認識されます。私が使っているCPU切替器corega Changer KVM-8proとの相性が悪く、Windows上でLCDフラットパネルを無効にしないと何も表示されず困りました。

基板上のVGAピンヘッダ J8には背面のD-sub15コネクタと同じ信号が出力されます。ピンアサインはPOS-7893と同じです。
Signal NamePinSignal Name
C_RED12GND
C_GREEN345VDDC_DATA
C_BLUE56HS_R
GND78VS_R
GND9105VDDC_CLK

●オンボードLAN
Intel 82573V Gigabit Ethernet Controllerでした。

●USBピンヘッダ
ピンアサインはPOS-7853 V3.0と同じです。
Signal NamePinSignal Name
+5V12GND
USB DATA-34GND
USB DATA+56USB DATA+
GND78USB DATA-
GND910+5V

●オーディオピンヘッダ J12
Realtek ALC655 AC'97 ピンアサインはPOS-7713と同じようです。分かるまで苦労しました。
Signal  NamePinSignal Name
SPKOUT-R12GND
SPKOUT-L34GND
LINEOUT-R56LINEOUT-L
GND78GND
LINE-R910LINE-L
GND1112GND
NC1314MIC-IN-L
MIN-IN-R1516GND

●PCIスロット
適合するライザーカードは不明です。ライザーカードが使えるかどうかも不明です。
玄人志向 PCI-6.5CM経由でASMART GeForce2 MX400 PCIは動作しましたが、玄人志向 GF-GT610-LP1GHD玄人志向 GF8400GS-LP512H/HS/D3は動作しませんでした。PCIeブリッジPEX8112を使用している拡張カードは正常動作しないようです。

●その他
マザーボード固定用ネジ穴が小さく、FMVに取り付けるためには棒ヤスリなどで少し拡げる必要があります。

Windows エクスペリエンス インデックスの計測が完了しません。Windows 7/8.1/10全て同様です。原因は不明です。

スリープ後復帰しません。S1でもS3でも同様です。Windows 7/8.1/10全て同様です。原因は不明です。

32bit版のWindows 7/8.1/10では、富士通3モードフロッピーディスクドライバ V1.0L11で3モードFDの読み書きができます。多分ライセンス違反ですが。

コメント

非公開コメント